「居酒屋で出来る!!地ビール開業法」

居酒屋のオヤジがある日、地ビールオーナーに成れた秘密を公開!!

正直に告白します。

実は、ブリュワリー(地ビール工場)のオーナーに簡単になれるのです。

実は、自ビールを簡単に造れるのです。


ある、ノウハウさえ知っていれば・・・


始めまして、BP(ブリュワリープランナー)の鈴木祐一郎と申します。

ブリュワー(ビールの醸造者)と社会保険労務士という二足のわらじを履く、元食品プラントエンジニアです。


このホームページ(http://www.ssys.biz/brew)を立ち上げた理由。

それは、とても単純なことです。


「あなたにも、ブリュワー(地ビール工場)のオーナーになってもらうこと」

「あなたに、酒のトレンドに左右されない飲食店経営をしてもらうこと」

「あなたの美味い自ビールをお客さまに広めていただくこと」


それだけです。

「それだけつて?そんな簡単に言うけどさぁ・・・」

もしかすると、こう思われるかもしれません。



あっ!ここから先は、士業のみなさんと税務署のみなさんは、読まないでくださいね!

私は、飲食店のオーナーさんや今から自ビール起業したい方のためにこのページを書いていますから・・・・




ブリュワリーのオーナーと聞けば、

「総事業費に数億円はかかる醸造所で、小さな居酒屋では無理だ!!」

「なんか、むずかしそう?」

「素人に出来るはずがない!」


あなたが、こう思われるのも不思議では、ありません。

実際、私もつい最近まで無理だと思っていました。


10年前、食品プラントのエンジニアリング会社に勤めていた私は、脱サラして「地ビール」を立ち上げようと企画書を何度も作り直し、銀行や協力者に説明して回りましたが、必要な金額が集まらず断念してしまいました。

今、考えると無理やりオープンさせても、他のブリュワリーのように借金を抱えて潰れていたでしょう。

確かに、3〜4年前までのブリュワリー開業は、

多額の資金が必要な大プロジェクトでした。

正直、今までのブリュワリー(地ビール工場)では、小資本の素人では至難の業。


多額の資金を集めなければ、出来ない事でした。


しかし、ここ最近、ブリュワリーのイメージが変わってきたのをご存知でしょうか?

1995年(平成7年)の地ビール工場オープン以来のノウハウの蓄積により、酒業界に縁のない素人でもブリュワリーオーナーへの道が開けたのです。


飲食店の経営者ならば、既に勝ち組の一歩手前!!


あるノウハウさえ知っていれば・・・


「居酒屋で出来る!!地ビール開業法」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30958115

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。